鉄工房 樂 …やまだの事件簿… tetukoubou.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

お知らせ&制作品を紹介してます。


by 鉄工房のやまだ
プロフィールを見る
画像一覧

<   2015年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧


計画進行中


6月のin鍛冶屋2015が終わったばかりの頃、来年はどうするのかという議論がありました。

どうやら私の暮らす鍛治屋町にも、まちづくりに対して熱い想いを持った人が多くなってきたようです。お酒の勢いもあったのかもしれませんが「来年は何をする」という内容で朝方まで白熱議論しちゃう勢いです。 (笑)

話の中にヒントは隠れているものです。メイン会場で行われた刀匠による鍛錬の実演や鍛鉄作家の制作実演に興味があってご来場いただけた方たちも多かったと思います。しかし実際に“触れる・体験することのできるワークショップ”の方が、実演の見学者よりも多かったことを皆が同じように感じていました。
確かにこれまでの3回のとんてんかんin鍛冶屋には“作る・体験できる”という共通テーマがありました。初回は五寸釘からつくるペーパーナイフ作り。昨年の2回目ではネームプレートやドアベルを作る溶接体験。今年は数種類から選べるワークショップエリアでしたが、予想をはるかに上まわる賑わいをみせてくれました。来場者の多くが物づくりを楽しむ目的にあったのだと感じています。

もしかすると今後の「とんてんかんin鍛冶屋」は、ワークショップを主体とした来場者が主役となる参加型のイベントと考えていく方が良いかもしれません。となると来年は、来場者の協力を得て最終的に一つの作品として完成させる「来場者参加型の作品づくり」を企画してプログラムの中に組み込むことができたら、今までに無い新しいイベントになりそうで面白いかもしれません。その完成した作品を長浜美術展に出展するなんてことが出来たら、また違った楽しい時間を共有できることになるかもしれません。そんな構想が生まれました。

鍛冶屋に住む私が一作家としてご来場の皆さまと一緒に作品づくりに取り組むことを踏まえ、次回とんてんかんin鍛冶屋にどんな企画を提案できるのかという課題を見つけた訳ですが、今まで経験してきたことからの引き算あり足し算ありのイベントに育てていきたいと考えています。何が出るか今はまだ先のお楽しみということになりますが、またご報告させていただきます。

~ゲットビークル掲載 テツカミの鉄 より~
[PR]
by tetukoubou | 2015-11-29 08:35 | [日記]